いまさらブログを始めてみるブログ

書くこともないのに始めたブログ

紙わざ大賞28結果

前回、紙わざ大賞28に応募したことを書きましたが、結果は落選。

残念ですが、前回も書いたように

「ああしたかった、こうしとけば良かったかも」と

悔いの残るまま応募した作品でしたので、

まあ、そりゃそうだよな~という感じであります。

 

f:id:wagot0:20181011095707j:plain

           

今回落選した作品。100均で売っていた紙おむつで

赤ん坊の頭部を作りました。

グロめですが、これでも大分マシに修正した方でして、

素材上、最初はもっとシワくちゃでスターウォーズヨーダっぽかったです。(笑)

尚この作品、本当は赤ん坊の体を作る案などはあったのですが、

締め切りに間にあわなくて諦めました。

まあ、入選できるかどうかはともかく、ちゃんとそれらの案を取り入れて

来年応募しても良かったんですけど、

もしかしたら、これはこれで入選いけるかも?なんて、

つい甘い考えがよぎちゃったのですよね。

締め切り間近にひらめいた作品ってこともあり、

制作は2日で大方完成、1日でしわを伸ばして終了という流れだったので、

やはり雑すぎだったなあと反省しています(汗)

 

ちなみに、今年の紙わざ大賞のグランプリは、

「霜柱」という無数の紙の柱が小石を支えている作品で、

グランプリなんで素晴らしい作品なんでしょうが、

凡人な私には理解できない『ザ・芸術作品』って感じ。

審査した芸術家先生によると

「軽やかな紙と重そうな石、白とグレー、直線と丸というコントラスト。

『紙って強いんだ』というインパクトがある。

自然物の石を人工物の紙が支える危うさも感じさせる。

タイトル以上のメッセージが聞こえてくる」とのこと。

うーん。やたら小難しい!

これは、さして作品に意味など込めて制作しなかった(できない)

私の作品が落選するワケだと思いました。

 

 

 

 

紙わざ大賞28に応募

一昨年応募したアートコンペ「紙わざ大賞」に今年も応募してみました。

実は去年も応募してみようかと思い、作品を作り始めたのですが、

途中から「これダメだろうな~でも作り始めちゃったし、

今更やめるのもな~どうしようかな~」なんてモヤモヤしていたら、

紙わざ大賞では、作品を発送する三週間ぐらい前に、

エントリーシート(作品のタイトル、サイズ等を記入した用紙)を

応募しなければならなかったことを思い出し、

公式サイトをチェックしたら

すでに締め切り修了。応募できませんでした(アホ)

 

そういうわけで今年の紙わざ大賞。

心機一転し、去年の作りかけの微妙作品は結局見捨てて、

新しく別の作品を作ってみました。

一昨年同様、多分、アイデア的には

あまり他の応募者と被らないとは思うので、

その点を審査員の芸術家先生方に評価してもらえれば

再び他の応募者たちに食らいけるのかも?なんて思っています。

ただし、一昨年応募した時と同じく

何作ろうかなあと考えているうちに締め切りが来てしまい、

応募した後から、やっぱり、あれをああすれば良かったなあ……なんて

思ったりしています。こんなんで入選できるんでしょうかね(汗)